中学生向けの個別指導塾を選ぶためのポイント

中学生のための個別指導塾を選ぶ上でのポイントとして挙げられるのが、指導する先生の固定期間が長いことです。個別指導塾によっては、1ヶ月ごとに先生が変わるケースも見受けられます。成績を上げるためにも、そして学習基盤を工場させる上でも同じ先生である期間は1学期程度は欲しいところです。長期の休暇期間の学習内容も、個別指導塾を選ぶためのポイントとして挙げられます。

夏休みや春休み、冬休みの期間は中学生の授業で分からなかった部分を重点的に復習するのが望ましいです。数学・英語は特に、苦手な箇所を放置するとすぐに中学生の授業内容に追い付けなくなるからです。レベルチェックテストなどを行って、お子さんの分からない箇所・単元を把握し、つまずいた部分をフォローしてくれる塾を選ぶことが大切です。平常時は、学校の授業の予習をしてくれることも塾選びのポイントとなります。

学校の授業を予習しておくことにより、学習の吸収率が向上します。しかし学校の授業で習った後に、塾で復習する方が指導する側としても楽であるため塾によっては学校の復習を中心に行ってしまうケースも少なくありません。学習力や基礎力の向上を求めて個別指導塾を探しているのであれば、なおのこと授業の予習に関してはこだわりましょう。定期テスト前は、無料でテスト対策の授業を組んでくれることも塾選びの条件として挙げておきます。

効率良く、テスト範囲の部分の復習を行うことが得点アップの秘訣です。テスト前に無料で補講を行ってくれる塾は、熱心な証と言えます。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*